本文へジャンプ

自然の中にて、ひとときのロマンを。

北アルプスを眺めながら入る「塩」の温泉

「倉下の湯」は、白馬村を流れる松川左岸に、平成5年(1993)湯脈を掘り当て、翌平成6年7月に日帰り温泉施設として、また「白馬塩の道温泉」の元湯として開湯しました。

「白馬塩の道温泉」の由来は、その昔日本海から内陸へと塩や海産物を運んだ交易路「塩の道(千国街道)」が白馬を通じていること、また、塩分を多く含む湯で、舐めると独特の塩辛い味がすることにちなんで命名されました。

北アルプスを遙かに望む露天風呂で、絶景を独り占め。
近くを流れる松川の流れに耳を澄ませ、褐色のにごり湯をお楽しみください。

ページの先頭へ戻る